宗像ウェブ WordPress(ワードプレス)

「ブログを始めたいんだけど、WordPressがおすすめって本当?」
「始めるのに、何にどのくらいの費用がかかるの?」
「維持をしていくのにも費用はかかる?」

こんな不安があり、ブログやホームページを開設するのを迷ってはいませんか?
WordPressを開設する際にかかる初期費用の内訳と、年間の維持費を分かりやすく説明していきます。

WordPressの初期費用の内訳

まず初めに、結論からお伝えしていきましょう。

WordPressを開設する初期費用としては、使うサーバーやドメインによっても差はありますがレンタルサーバーの初期費用は3,000円、12か月契約で毎月1,000円、ドメインが年間で0~4,000円程度となります。
テーマというサイトのテンプレートは、無料のものから25,000円程のものまで揃っています。

概算ですが、テーマは無料のものを選択すると

・初年度のサーバー初期費用 3,000円
・年間のサーバー代 12,000円 (1か月1,000円)
・ドメイン代 0円~4,000円
・テーマ 0円~25,000円

合計で
15,000円~19,000円程でWordPressを開設する事が出来ます!

WordPressの開設時に必要なもの

WordPressを開設する際には、費用がかかるものとして以下のものがあげられます。

①独自ドメインの取得
②レンタルサーバーに登録
③WordPressのテーマの購入 (有料・無料あります)

それぞれの役割について説明していきましょう。

①のレンタルサーバーとは、あなたがブログという家を建てていく為の土地だと思って下さい。
そこに、②の独自ドメインで住所を決めます。(munakataweb.com)
より簡単にサイトをカスタマイズしたり、SEOに強く見てもらいやすいサイトにしていく為に③のテーマでデザインしていきます。

何となくイメージが出来てきましたね。

ここからは、各項目ごとに詳しく解説していきます。

独自ドメインを取得する

独自ドメインとは、こちらのサイトでは「munakataweb.com」で、OOOO.comやOOOO.netなどのURLのことを指します。

「munakataweb」にあたる部分は好きな文字列で作成していきます。
短めで簡単な単語や文字列が覚えやすくていいですね。

文字列が決まったら、URLの最後の「.com」や「.net」を一つ選択し、契約していきます。
「.com」や「.net」などの最後の文字列によって料金が変わってきますが、SEOやPVへの影響はありませんので、お好きなものを選択して下さい。

キャンペーンで登録時は100円以下の物から4,000円程度の物まで幅広く揃っていますので、料金の確認をしながら決めると良いですね。

初年度は少し安い傾向があるようですが、一年後の契約更新では通常の料金になります。ブログは長期的に運営していくものになりますので、登録時の料金と同時に更新時の料金も確認しておきましょう。


2020年6月27日現在の料金はこちら!

ワードブレスでブログを開設する初期費用はいくらかかる?1

レンタルサーバーを決める

独自ドメインが決まったら、どこで土地を借りるかを考えていきます。

レンタルサーバーの会社は、国内でも数多く存在しています。
それぞれの会社によって初期費用や毎月の料金・契約の仕組みなどが異なりますが、こちらでおすすめしているのは「エックスサーバー」です。


気になる料金はこちら

・初期費用 3,000円 (契約時のみ)
・レンタルサーバー代 1年契約で1か月1,000円
契約期間が長いほどお得になります。

料金的にはもう少し低価格のサーバーもありますが、サイトを運営していく上では「いつでも安定してサイトを運営していける」という事が一番大切です。

・2015年の開設からトラブルが起きた事がない!
・アクセスが集中した時も無事だった!
・初心者に安心の電話サポート付き!
・速度が速い!

まだまだ良いところはありますが、このような理由でエックスサーバーをおすすめしています。

ワードブレスでブログを開設する
初期費用はいくらかかる?2

WordPressのテーマを決める

WordPressのテーマとは、サイトをデザインするテンプレートのようなもので、好みのカスタマイズが出来るものを選びサイトを作成していきます。

もちろん無料のものでも機能が充実していますので、そのまま使っていくことも出来ます。
しかし、より簡単にカスタマイズしていきたい場合や、SEOに強いサイトにしていきたい場合には、有料のテーマを使っていくことで、さらに短時間でオリジナリティ溢れる強いサイトを作ることが可能です。

おすすめの有料テーマ

まずは有料のおすすめテーマからご紹介します。

【SANGO】 価格 10,800円
何といってもこの独特の世界観がおしゃれで人気!
ショートコードやレイアウトのカスタマイズの種類がとても豊富です。
デザインをより重視したい方におすすめです。
複数のサイトで使えるので、コスパも良いですね!

【JIN】  価格 14,800円
着せ替え機能でデザインやレイアウトも簡単にカスタマイズ出来ます。
育児や女性向けのサイトで人気!
こちらも複数のサイトで使えます。

【賢威】  価格 24,800円
価格は少し高めですが、
「SEO対策に力を入れたい!」
「収益化出来るサイトを作りたい!」
という方に人気です。
こちらも複数のサイトで使えます。
また、サポートがかなり充実していますので、初心者でも安心して使っていけるテーマです。


【複数のサイトを運営する場合】
有料のテーマを三つ紹介しましたが、どれも複数のサイトで使用可能なものになります。
他にも多く有料のテーマは販売されていますが、中には一つのサイトでしか使用出来ないものもあります。
気になるテーマを見つけたら、複数サイトで使えるのかも確認してみて下さい!

おすすめの無料テーマ

無料のテーマならこちらがおすすめ!

【cocoon】
初心者に優しいのがこのcocoonです!
無料なのにSEO対策済み、シンプルで使いやすい設計で驚きの高機能!
有料テーマでどれにしようか悩んでいる方にもおすすめです。

まとめ

WordPressを開設するためには

①ドメイン代 0円~4,000円
②サーバー 初期費用3,000円、1年契約で1か月1,000円
③テーマ 0円~25,000円

ドメインを1,000円のもの、エックスサーバーを使い、無料のテーマで開設した場合には税別で16,000円。
以上が開設にかかる初期費用となります。

次年度からはサーバーの初期費用はかかりません。
維持費としては、ドメイン代とサーバー代のみとなりますので、初年度よりは安く維持していけますね。

せっかくサーバーやドメインにお金をかけてブログを運営していくのですから、しっかり稼いでくれるように大切に育てていきたいですね。