WordPressのブロックエディタをクラシックエディタに戻す方法

WordPressではGutenberg(グーテンベルク)というブロックエディタがデフォルトで使われていますが、以前はクラシックエディタというエディタが使われていました。

今でもクラシックエディタを使っているユーザーも多く、現在のブロックエディタより使いやすいというブロガーもいるほどですが、この記事ではブロックエディタからクラシックエディタに戻す方法を紹介します。

クラシックエディタに戻す方法 

Gutenberg(グーテンベルク)からClassic Editor(クラシックエディタ)に戻すには、クラシックエディタのプラグインをインストールする必要があります。

classic-editor-001

WordPressの管理画面から「プラグイン」→「新規追加」へと進みます。


classic-editor-002

キーワードに「Classic editor」と入力し、「Classic editor」のプラグインの「今すぐインストール」をクリックします。
似たようなプラグインがありますので、間違えないように注意してください。


classic-editor-003

インストールが終了し画面が切り替わったら「有効化」をクリックします。


classic-editor-004

有効化されると、プラグインの一覧に表示されますので確認してください。


classic-editor-005

有効化されると、投稿の編集画面がクラシックエディタに変わります。

ブロックエディタの方がおすすめです

このように簡単にクラシックエディタに戻すことはできますが、あえて戻す必要はないかと思います。

特にこれから新しくWordPressを始める方は、ブロックエディタに慣れておいた方がいいです。

というのも、クラシックエディタはいずれ使えなくなってしまう可能性があります。

「サポートは少なくとも2022年まで」とアナウンスされているんですね。

クラシックエディタのサポート期間については、こちらの記事で詳しく解説しています。

関連記事

そして、ブロックエディタの方がはるかに使いやすくて便利です。

私も3年以上クラシックエディタでブログを書いていたので、ブロックエディタへの移行はかなり抵抗がありました。

でも実際に使ってみるとすぐに慣れましたし、クラシックエディタよりも編集が早いです。

ブロックエディタの使い方について、こちらの記事でわかりやすく解説しています。

ぜひこちらの記事を参考に、ブロックエディタに切り替えましょう♪

関連記事