賢威8の子テーマの使い方【インストールしてカスタマイズする方法】

賢威8をカスタマイズする時は、必ず子テーマを使用しましょう。

親テーマを編集しても、テーマをバージョンアップすると、カスタマイズした内容が消えてしまいます。

そこで、カスタマイズした内容を保持できるように用意されているのが子テーマです。

賢威8の子テーマをインストールする方法と使い方を解説します。

>>>2万人を超えるユーザーが選んだSEOテンプレート【賢威】


賢威8の子テーマをインストールする方法

①まず、こちらから賢威サポートページにログインします。

>>>賢威サポートページにログインする


 

②ログインした状態で、こちらから賢威8の子テーマをダウンロードします。

>>>賢威8の子テーマをダウンロードする


 

③ダウンロードした子テーマのzipファイルを解凍し、「style.css」を開きます。

賢威8の子テーマをインストールする方法1


 

④「Template」の項目を、親テーマと同じテーマ名に変更します。親テーマのテーマ名は、FTPソフトで確認できます。

賢威8の子テーマをインストールする方法2

賢威8の子テーマをインストールする方法3


 

⑤FTPソフトで子テーマをフォルダごと、親テーマと同じ階層にアップロードします。

賢威8の子テーマをインストールする方法4


 

⑥WordPressの管理画面にログインし、「外観」→「テーマ」から賢威8の子テーマを有効化します。

賢威8の子テーマをインストールする方法5


 

⑦以上で、賢威8の子テーマのインストールが完了しました。「外観」→「テーマの編集」から、「賢威8.0(子テーマ)」を選択すると、子テーマをカスタマイズできます。

賢威8の子テーマをインストールする方法6


賢威8の子テーマの使い方

①カスタマイズしたい箇所のコードを、親テーマから子テーマにコピペします。例えば、サイドバーの横幅を変更する場合は、以下の部分を子テーマに貼り付けます。

賢威8の子テーマの使い方1


 

②以下の2カ所を変更すると、サイドバーの横幅が変わります。ちなみに当サイトは、サイドバーの横幅を360pxにカスタマイズしています。

賢威8の子テーマの使い方2

【関連記事】賢威8でサイトの横幅を変更してアドセンス広告をスッキリ収める方法

まとめ

このように、賢威8のカスタマイズは、親テーマを直接編集せずに子テーマで行いましょう。

テーマのバージョンアップで親テーマのファイルが書き換えられても、子テーマはそのまま残るので、カスタマイズした内容を保持することができますよ。

当サイトで行っている賢威8のカスタマイズについては、こちらで記事をまとめております。

賢威8をご利用の方は、ぜひ参考にしてください!