記事を更新したら、Googleの検索結果にも反映させたいですよね。ユーザーは新しい情報を求めているので、このように日付が古いままだとクリック率が下がり、SEOにも悪影響です。

賢威8で最終更新日の日付をGoogleの検索結果に表示させる方法1

そこで、当サイトでは賢威8をカスタマイズして、記事の最終更新日がGoogleの検索結果に表示されるようにしています。ブログのアクセス数アップに直結しますので、あなたもぜひカスタマイズしてみてください!

賢威8のカスタマイズは、必ず子テーマで行いましょう。子テーマを使わないと、賢威8をアップデートする際にカスタマイズ内容が消えてしまいます。賢威8の子テーマの作り方【初心者向けに画像でわかりやすく解説】を参考に、子テーマを作成してから賢威8をカスタマイズしてくださいね。

賢威8で最終更新日の日付をGoogleの検索結果に表示させる方法

① まず、FTPソフトを使って、賢威8の子テーマに「template-parts」というフォルダを作成します。

賢威8で最終更新日の日付をGoogleの検索結果に表示させる方法2


② 親テーマの「part-entry_status.php」をコピーして、子テーマの「template-parts」フォルダに転送します。

賢威8で最終更新日の日付をGoogleの検索結果に表示させる方法3


③ WordPressの管理画面から子テーマの「part-entry_status.php」の編集画面を開き、以下のコードをコピーして、6~21行目のコード(<ul class="entry_date"> ~ </ul>)と置き換えます。

	<ul class="entry_date">
    <?php if( get_the_modified_date('Ymd') > get_the_date('Ymd') &amp;&amp; ( $flag_get_time_disp == 'show' || $flag_get_time_disp == 'update' ) ) {
      $str_modified_date = get_the_modified_date();
      $str_modified_date_prop = get_the_modified_date('c');
      if ( $str_modified_date == '' ) {
        $str_modified_date = get_the_date();
        $str_modified_date_prop = get_the_date('c');
      }
      echo '<li class="entry_date_item">' . __( 'Update Date', 'keni' ) . ':<time itemprop="dateModified" datetime="' . $str_modified_date_prop . '" content="' . $str_modified_date_prop . '">' . $str_modified_date . '</time></li>';
    } elseif ( $flag_get_time_disp == 'show' || $flag_get_time_disp == 'post' ) {
      $str_published_date = get_the_date();
      $str_published_date_prop = get_the_date('c');
      echo '<li class="entry_date_item">' . __( 'Post Date', 'keni' ) . ':<time itemprop="datePublished" datetime="' . $str_published_date_prop . '" content="' . $str_published_date_prop . '">' . $str_published_date . '</time></li>';
    } ?>
  </ul>

賢威8で最終更新日の日付をGoogleの検索結果に表示させる方法5


④ すると、このように更新された記事は最終更新日、投稿したばかりの記事は公開日が表示されるようになります。

賢威8で最終更新日の日付をGoogleの検索結果に表示させる方法6


賢威8で最終更新日の日付をGoogleの検索結果に表示させる方法7


⑤ 以上で完了です! 記事を更新してしばらくすると、このように最終更新日がGoogleの検索結果に表示されるようになりました。

賢威8で最終更新日の日付をGoogleの検索結果に表示させる方法8

最終更新日が必ず表示されるとは限らないので注意

Googleの検索結果に更新日と公開日のどちらを表示されるかは、Googleの検索アルゴリズムによって決定されます。そのため、賢威8をカスタマイズしても、検索結果に表示される日付が最終更新日にならないこともありますのでご注意ください。

ただ、実際に当サイトの記事は最終更新日が表示されるようになりましたので、カスタマイズする価値はあると思います。

いずれにしても、ユーザーにとっては「いつの情報なのか」が重要ですので、公開日と更新日を両方表示する必要はないですよね。クリック率が上がると、アクセスが増えるのはもちろん、SEOにも有利です。ぜひあなたもカスタマイズしてみてくださいね!

賢威8をカスタマイズしてブログの収益性を高めよう

宗像ウェブでは、他にもさまざまな賢威8カスタマイズ方法を公開しています。【2020年最新】賢威8をカスタマイズしてブログの収益性を高める方法を参考に、あなたのブログの収益性をより高くしましょう!

【無料】ホームページ制作料金の一括見積りはこちら

「ホームページのデザインをもっとオシャレにしたい!」という方は、優良なホームページ制作会社から一括見積りができる『ホームページ制作.jpをご利用ください。

ホームページの制作料金は見積もりを取ってみないことにはわかりませんし、そもそもいくらぐらいが相場なのかもよくわからないですよね。相場が不透明なことを利用して、高額な料金を請求してくる業者もいます。そのため、複数社の見積もりを取っておくと安心です。

ホームページ制作.jp』では、ただ見積もりを取るだけでなく、ホームページ制作について無料で相談することもできます。あなたにあったホームページ制作会社の紹介してもらえますので、ぜひ相談してみてくださいね♪

【無料】『ホームページ制作.jp』で一括見積りする