▼こちらの動画と合わせてご覧ください▼


WordPress(ワードプレス)とは、誰でも簡単にホームページやブログを作成できるシステムのことです。

無料で使えて、専門知識がなくてもウェブサイトを立ち上げられるので、ホームページ制作業者に依頼しなくても、自分でサイトを作ることができます。

世界中のウェブサイトの3分の1以上に導入され、SEOにも強いと言われているWordPress。

その始め方をわかりやすくまとめましたので、ホームページやブログを自分で立ち上げてみましょう♪

WordPressの立ち上げをサポートします♪

WordPressを始めるために必要なもの

WordPressを始めるには、レンタルサーバーと独自ドメインが必要です。

ウェブサイトを「家」に例えると、レンタルサーバーが「土地」、独自ドメインが「住所」となります。

サーバーという土地を借りて、そこに独自ドメインという住所を付けて、WordPressという道具を使って、ホームページという家を建てていくイメージです。

例えば、当サイトは『エックスサーバー』というレンタルサーバー会社から土地を借りて、『munakataweb.com』という独自ドメイン(住所)を取得して、WordPressでサイトを作っています。

いきなり専門用語が出てきて難しそうに思われるかもしれませんが、一つひとつの手順を丁寧に解説していきますので安心してくださいね♪

また、WordPress関連の専門用語をガンダムに例えて解説している動画も作りました!

ガンダムが好きな方にはわかりやすいかと思います(笑)。

WordPressを始めるのにかかる費用は?

WordPressを始めるのにかかる費用は、レンタルサーバー代が約1,000円/月、独自ドメイン代が約1,000~3,000円/年で、合わせて約20,000円/年です。

例えば、当サイトでも契約している『エックスサーバー』の場合、初期費用が3,300円(税込)、月額料金が1,100円(税込)ですので、年間で16,500円(税込)となります。

独自ドメイン『munakataweb.com』の取得費用は1,276円(税込)ですので、サーバー代と合わせて年間17,776円(税込)が初年度にかかる費用です。

ホームページ制作業者に依頼すると、最低でも20万円ぐらいはかかりますよね。

WordPressを使って自分でサイトを作ることができれば、経費を抑えられるだけでなく、サイトの更新もいつでも自由にできます。

いきなり立派なホームページを作っても、アクセスが来なければ意味がありません。

これからWordPressの始め方をわかりやすく解説しますので、ぜひ挑戦してみてくださいね♪

関連記事

WordPress立ち上げまでの流れ

WordPress立ち上げまでの流れは、次の4ステップです。

  1. レンタルサーバーを契約する
  2. 独自ドメインを取得する
  3. レンタルサーバーに独自ドメインを設定する
  4. WordPressをインストールする

初心者でも自分でWordPressを立ち上げられるように、一つひとつの手順を丁寧に解説していきますね♪

立ち上げから設定まで全部サポート♪

レンタルサーバーを契約する手順

ここでは当サイトでも契約している『エックスサーバー』の契約手順を解説します。

エックスサーバーにアクセスし、「お申し込みはこちら」をクリックします。

エックスサーバーのトップページ

②左側の「10日間無料お試し 新規お申込み」をクリックします。

エックスサーバーのお申し込みフォーム

③サーバーIDはお好きな英数字を設定してください。3つのプランがあり、X10よりもX20、X20よりもX30の方がスペック・料金ともに高くなりますが、「X10」で十分です。私もX10を契約しています。

エックスサーバー契約内容の入力画面

④登録情報を入力し、同意欄にチェックを入れて、「お申込み内容の確認へ進む」をクリックします。

エックスサーバー登録情報の入力画面

⑤入力内容を確認し、「この内容で申込みする」をクリックします。

エックスサーバー入力内容確認

⑥以上でエックスサーバーの契約は完了です!

エックスサーバーお申し込み完了

独自ドメインを取得する手順

ここでは私がいつも使っている『ムームードメイン』での取得手順を解説します。

ムームードメインにアクセスし、取得したいドメイン名を入力して「検索する」をクリックします。

ムームードメインのトップページ

②取得できるドメインと価格が表示されますので、取得したいドメインを選んで「カートに追加」をクリックします。価格は「年間」の利用料金です。

ムームードメインの価格一覧

特にこだわりがなければ「.com」がおすすめ

どのドメインを取得してもいいのですが、特にこだわりがなければ「.com」がおすすめです。

ユーザーにとっても一番なじみやすいですし、私もいつも「.com」を取得しています。

「.jp」も日本ではなじみ深いですが、利用料金が高いので「.com」で十分です。

「.jp」の方がSEOに有利ということもありません。


③ドメインをカートに追加したら、そのまま「お申し込みへ」をクリックします。

ムームードメインのカート追加画面

④ムームードメインを初めて利用する場合は、「新規登録する」をクリックします。

ムームードメインのログイン画面

⑤ムームードメインに登録するメールアドレスとパスワードを入力し、「利用規約に同意して本人確認へ」をクリックします。

ムームードメインの新規ユーザー登録画面

⑥本人確認のため、電話番号を入力して「認証コードを送信する」をクリックします。

ムームードメインのSMS認証による本人確認

⑦ムームードメインから、このような認証コードが届きます。

ムームードメインのユーザー登録認証コード

⑧届いた認証コードを入力し、「本人確認をして登録する」をクリックします。

ムームードメインの認証コード入力画面

⑨「ドメイン設定」はそのまま、「ロリポップ!レンタルサーバー同時申し込み」もチェックを入れる必要はありません。

ムームードメインのドメイン設定画面

⑩「オプションサービス」と「ムームーメール」も利用する必要はありません。

ムームードメインのオプションサービス選択画面

⑪ドメインの契約年数は1年でOKです。お支払い方法は、クレジットカード決済にしておきましょう。ドメインは更新が必要ですが、クレジットカード決済で自動更新にしておくと忘れる心配がありません。クーポンコードはありませんので、空欄のまま「次のステップへ」をクリックします。

ムームードメインのお支払情報入力画面

⑫「ロリポップ!」というレンタルサーバーをすすめられますが、レンタルサーバーは別途契約しますので、このまま「次のステップへ」をクリックします。

ムームードメインでドメインを取得する手順12

⑬お名前や住所などのユーザー情報を入力し、「次のステップへ」をクリックします。

ムームードメインでドメインを取得する手順13

⑭内容を確認し、ページ下の同意欄にチェックを入れ、「取得する」をクリックします。

ムームードメインでドメインを取得する手順14

⑮以上で独自ドメインを取得することができました!

ムームードメインのドメイン取得完了画面

レンタルサーバーに独自ドメインを設定する手順

以上でレンタルサーバーの契約と、独自ドメインの取得が完了しました。

ここからはレンタルサーバー(土地)に独自ドメイン(住所)を設定する作業を行います。

ムームードメイン側の設定手順

ムームードメインのコントロールパネルを開き、ドメイン名をクリックします。

ムームードメインのコントロールパネル

②「ネームサーバ設定変更」をクリックします。

ムームードメインのネームサーバ設定変更

③「GMOペパボ以外のネームサーバを使用する」を選択します。

ムームードメイン GMOペパボ以外のネームサーバを使用する

④以下の「エックスサーバーのネームサーバー」を一つひとつコピーして、ネームサーバ1~5に貼り付けます。

エックスサーバーのネームサーバー
  • ネームサーバー1: ns1.xserver.jp
  • ネームサーバー2: ns2.xserver.jp
  • ネームサーバー3: ns3.xserver.jp
  • ネームサーバー4: ns4.xserver.jp
  • ネームサーバー5: ns5.xserver.jp
ムームードメインのネームサーバー入力画面

⑤「ネームサーバ設定変更」をクリックします。

ムームードメイン ネームサーバ設定変更

⑥以上でムームードメイン側の設定は完了です!

ムームードメインのネームサーバーの設定完了画面

ネームサーバーについて詳しくはこちら

エックスサーバー側の設定手順

①エックスサーバーに登録したメールアドレス宛にログイン情報が届いています。ログインURLをクリックして、エックスサーバーのログイン画面にアクセスします。

エックスサーバーのログイン情報

②メールに記載されているログインIDとパスワードで、エックスサーバーの管理画面にログインします。

エックスサーバーのログイン画面

③ページ右下にある「サーバー管理」をクリックして、サーバーパネルにアクセスします。

エックスサーバーの管理画面

④サーバーパネル右上の「ドメイン設定」へと進みます。

エックスサーバーのサーバーパネル

②「ドメイン設定追加」タブを開き、ドメイン名を入力します。2つのチェックは入れたままで、「確認画面へ進む」をクリックします。

エックスサーバーのドメイン設定追加画面

無料独自SSLとは?

SSL(Secure Sockets Layer)とは、個人情報の保護を目的として、データ通信を暗号化する仕組みのことです。

SSLを設定すると、URLの頭が「http」から「https」となりますが、GoogleはSSL設定されているサイトを優遇すると公言しており、今や設定は必須です。

エックスサーバーなら無料でSSLを設定することができますので、必ず利用しておきましょう!

Xアクセラレータとは?

Xアクセラレータとは、サイトの表示を高速化し、大量のアクセスが集中した時でも安定したサイト表示を支えてくれるエックスサーバー独自の機能です。

特にデメリットはありませんので、こちらも有効にしておきましょう!


③「追加する」をクリックします。

エックスサーバーのドメイン設定追加確認画面

④以上でエックスサーバー側の設定も完了です!

エックスサーバーのドメイン設定追加完了画面

WordPressをインストールする手順

いよいよあとはWordPressをインストールするだけです!

エックスサーバーには「WordPress簡単インストール」という機能がありますので、あっという間に終わりますよ♪

エックスサーバーのサーバーパネルから、「WordPress簡単インストール」へ進みます。

エックスサーバーのサーバーパネル

②「WordPressインストール」タブを開き、「ブログ名」「ユーザー名」「パスワード」「メールアドレス」を以下のように設定し、「確認画面へ進む」をクリックします。

  • ブログ名: 後から変更できますので、仮のブログ名でもOKです。
  • ユーザー名: ドメインから推測されないユーザー名を設定します。
  • パスワード: ユーザー名と同様に、推測されないパスワードを設定します。
  • メールアドレス: ブログ運営に使用したいメールアドレスを設定します。
エックスサーバーのWordPressインストール画面

③内容を確認し、「インストールする」をクリックします。

エックスサーバーのWordPressインストール確認画面

④以上でWordPressのインストールも完了です!

エックスサーバーのインストール済みWordPress一覧

⑤しばらくしてサイトURLにアクセスすると、このようなWordPressサイトが表示されます。

WordPressサイトのデフォルト表示

WordPressの初期設定をしよう!

以上でWordPressの立ち上げは完了です!

すぐにでもブログを書きたいと思いますが、その前に必ずWordPressの初期設定まで済ませておきましょう!

WordPressの初期設定については、こちらの記事で解説しております。

当サイトの設定を公開しておりますので、初めてでもそのままマネをするだけで完了しますよ♪

関連記事

WordPress講座も行っております♪

宗像ウェブでは、WordPressを最短1日で立ち上げる「WordPressスタートアップ講座」を行っております。

WordPressの立ち上げから初期設定、Googleアナリティクスとサーチコンソールの設定までフルでサポート。

一人で立ち上げるのが不安な方や、プロに教えてもらってサイト運営を早く始めたい方にオススメです。

また、自分でWordPressを開設できたものの、「これで合ってるかな?」と不安な方向けのサポートも行っております。

WordPressの使い方はもちろん、SEO対策やライティングなどサイト運営についてもご相談いただけますので、ぜひご利用くださいませ♪

詳しくはこちら