ConoHa WINGのWordPressかんたん移行でサイトを引っ越す手順

宗像ウェブの保坂( @munakata_web)です。

レンタルサーバーは『エックスサーバー』を利用しているのですが、業務でもう一つサーバーが必要になったので『ConoHa WING(コノハウイング)』を契約しました。

ConoHa WINGには「WordPressかんたん移行」という機能があり、別のサーバーで運営しているWordPressサイトを簡単に引っ越すことができます。

この機能を使って、私が活動しているバンド『The FUJI Band』の公式サイト(https://thefujiband.com)にWordPressを移行してみました。

その手順をご紹介しますので、ConoHa WINGへの引っ越しをご検討中の方はぜひ参考にご覧ください♪

関連記事

執筆者:保坂 陽平
保坂 陽平

福岡県宗像市を拠点に、SEO対策コンサルティングやWordPress講座などを行っています。全日本SEO協会認定SEOコンサルタント。上級ウェブ解析士。
プロフィールページへ

WordPressかんたん移行でサイトを引っ越す手順

①ConoHa WINGの管理画面から「サイト管理」を開きます。

transfer-wordpress-to-conoha-wing-1

②「サイト設定」を開きます。

transfer-wordpress-to-conoha-wing-3

③右上の「+アプリケーション」をクリックして、「かんたん移行」を選択。以下のように入力して「保存」をクリックします。

transfer-wordpress-to-conoha-wing-4
各入力項目について
  • テスト移行

    WordPress移行後の見え方や不具合を、公開前に確認することができます。「利用する」がオススメです。

  • 移行元URL

    移行させるサイトのURLを入力します。違うドメインからの移行も可能です。

  • テスト移行先URL

    テスト移行中はこちらのURLで確認・修正ができます。

  • アクセス制限ユーザー名・パスワード

    テストサイトは誰でも見られないようにパスワードロックがかけられます。任意でログイン情報を入力してください。

  • 移行元ユーザー名・パスワード

    移行させるサイトのWordPress管理画面へのログイン情報を入力します。

  • データベース

    データベース名とユーザー名はそのままでも構いません。パスワードは任意で設定します。


④このようにテスト移行が開始されます。

transfer-wordpress-to-conoha-wing-5

⑤テストサイトのURLにアクセスしてサイトを確認し、問題がなければ「本番移行」をクリックします。

transfer-wordpress-to-conoha-wing-6

⑥「wwwあり」でもいいのですが、私はURLが短くてスッキリする「wwwなし」にしています。データベース名とユーザー名はそのままで構いません。パスワードは任意で決めてください。

transfer-wordpress-to-conoha-wing-7

⑦本番移行が完了したら、テスト移行時のデータは削除で大丈夫です。ゴミ箱のアイコンをクリックします。

transfer-wordpress-to-conoha-wing-8

⑧「データベースも削除する」にチェックを入れ、「はい」をクリックします。

transfer-wordpress-to-conoha-wing-9

⑨このようにステータスが「稼働中」と表示されていれば、ConoHa WINGへのWordPress移行は完了です。

transfer-wordpress-to-conoha-wing-10

ConoHa WINGに独自ドメインを移管しよう

ConoHa WINGに独自ドメインを移管することもできます。

サーバーとドメインをセットで管理できる方が便利ですので、サーバーを移行したらドメインも移管するのがオススメです。

私もConoHa WINGに引っ越したサイトのドメインを、『ムームードメイン』から移管しました。

ConoHa WINGに独自ドメインを移管する手順をこちらの記事で解説しておりますので、ぜひ参考にご覧ください♪

関連記事