本当に突然でした。

Instagramにログインしようとすると、こんなメッセージが表示されたんです。

利用規約への違反があったためアカウントが停止されました。アカウントを再開できる可能性もありますので、アカウント再開に関する詳細をご確認ください。

特にやましいことはしていないので、イラっとしました。

もちろん、「異議申し立て」です!

「Twitterみたいに画像認証とかするのかな~」ってのんきに思っていたんですが、Instagramアカウントの復活方法は、人としての尊厳を失わせるようなやり方でした。

最終的には無事に復活させることができたんですが、まるで罪人のような気分になりましたよ⋯⋯。

せっかくなので、Instagramのアカウントが停止された時の復活方法をまとめました。

※この記事は2019年1月15日に投稿いたしました。現在はInstagramの仕様や画面表示が異なる場合がございます。あらかじめご了承いただけますと幸いです。

Instagramのアカウントが停止された時の異議申し立て手順

① Instagramにログインする時に次のようなメッセージが表示されたら、「異議申し立て」をタップします。

Instagramのアカウントが停止された時の異議申し立て手順1

② すると次のようなメッセージが表示されます。まったく身に覚えがないので、「お知らせください」をタップします。

Instagramのアカウントが停止された時の異議申し立て手順2

③ ビジネスアカウント(ECサイトや企業アカウントなど)であれば「はい」、個人アカウントであれば「いいえ」を選択し、「送信」をタップします。

Instagramのアカウントが停止された時の異議申し立て手順3

④ 個人アカウントの場合は、「氏名」「Instagramユーザーネーム」「メールアドレス」「現在いる国」を入力して、「送信」をタップします。

Instagramのアカウントが停止された時の異議申し立て手順4

⑤ ビジネスアカウントの場合は、事業内容を証明する文書も提出する必要があります。

Instagramのアカウントが停止された時の異議申し立て手順5

⑥ 送信が完了すると、Instagramの元締めであるFacebookから次のようなメールが届きます。「コードを手書きした紙を手にしたご自身の写真を添付して、このメールに返信してください」とのこと。そしてその顔写真の条件というのが……。

Instagramのアカウントが停止された時の異議申し立て手順6