Instagramのアカウントを削除(退会)する方法と注意点

Instagramはアプリからアカウントを削除することができません。アカウントを削除するための専用ページがありますので、そちらにGoogle ChromeやSafariなどのブラウザでアクセスする必要があります。

アカウントの削除は簡単にできますが、同じユーザーネームを二度と使えなくなるという注意点もあります。この記事では、Instagramのアカウントを削除する方法と注意点について解説します。

Instagramのアカウントを削除(退会)する方法

① まず、Instagramのアカウント削除ページにアクセスします。Instagramのアプリではなく、ChromeやSafariなどのブラウザで開いてください。


② アカウントに登録した「電話番号」「ユーザーネーム」「メールアドレス」のいずれかと、パスワードを入力してログインします。

Instagramのアカウントを削除する方法1


③ アカウントを削除する理由を選び、パスワードを再入力して「アカウントを完全に削除」をクリックします。

Instagramのアカウントを削除する方法2


④ 以上、たったこれだけでInstagramのアカウントを削除できます。

Instagramのアカウントを削除する方法3

Instagramのアカウントを削除(退会)する時の注意点

Instagramのアカウントを削除すると、同じユーザーネームは二度と使えなくなってしまいます。

Instagramがアカウント停止(凍結)された時の復活方法【実体験】では、アカウントをいったん削除して、同じユーザーネームで再登録したことが凍結の原因のようでした。ただ、いったんユーザーネームを変更してからアカウントを削除したので、元々のユーザーネームで登録し直すことができました。

しかし、Instagramの仕様が変わったようで、アカウントを削除する前にユーザーネームを変更しても、元々のユーザーネームが使えなくなってしまう事例が発生しています。

例えば、私のInstagramのユーザーネームは「@munakataseo」ですが、以前は「@yoheyhosaka」というアカウントでした。「@yoheyhosaka」をまた使えるようにと、いったんユーザーネームを変更してから削除したのですが、このように使えなくなってしまいました。

Instagramのアカウントを削除する前に知っておきたい注意点


このように、Instagramのアカウントを削除すると、同じユーザーネームを二度と使えなくなってしまいます。削除する前にユーザーネームを変更してもダメでしたので、アカウント削除は慎重に行いましょう。

Instagramのアカウントを削除(退会)する前に

画像・動画・ストーリーを保存できます

Instagramのアカウントを削除したいけど、今までに投稿した写真やストーリーを残しておきたいという方も多いと思います。アカウントを削除するとデータが完全になくなってしまいますが、Instagramは画像・動画・ストーリーをまとめて保存することができるので安心です!

具体的な手順は、Instagramの画像・動画・ストーリーを保存する方法で解説しています。やり方はとても簡単ですので、ぜひこちらの記事を参考にデータを保存してください。

アカウントの一時停止もできます

SNSは時々疲れるので、「Instagramをしばらくお休みしたい」って思うこともありますよね。でも、アカウントを削除するとデータが完全になくなってしまうので、後悔してしまうこともあります。

そんな時に便利なのが「アカウントを一時停止」する機能です。一時停止ならデータが消えることなく、もう一度ログインするだけで復活できますので、削除する前にいったん一時停止してみるのもおすすめです。

Instagramのアカウントを一時停止する方法は、Instagramのアカウントを一時停止する方法で解説しています。アカウントを削除する前に、まずは一時停止で様子をみてはいかがでしょうか。