ローカルSEOのメリット【near me 検索とは?Googleマイビジネスは必要?】

ローカルSEOとは、近くにいるユーザーが検索した時に、検索結果で上位表示されるように最適化することです。

例えば、「居酒屋」と検索すると、あなたが今いる場所の近くにある居酒屋が上位に表示されますよね。当サイトも「宗像 SEO」と検索すると1位に表示されますが、これもローカルSEOの一つです。

特に地域密着型のビジネスをしている方には超重要なローカルSEOですが、「Optimizing Your Site for Good Local SEO(優れたローカルSEOのためにあなたのサイトを最適化させよう)」という記事にヒントがまとめられています。ローカルSEOの基本的なことがわかりますので、本日はこちらの記事を紹介させていただきます。

ローカルSEOはビジネスにどんな恩恵がありますか?

  • 「near me 検索」でヒットする可能性があります。「near me 検索」とは、「hotel near me」というように、キーワードに「near me」を付けて近くのホテルや飲食店を検索することです。Googleによると、「near me 検索」はここ数年で34倍に伸びているとのことです。
  • ローカルビジネスとしてリストアップされることは、口コミを受け取る良い方法です。口コミや評価は、ローカル検索のランキング要因となりますので覚えておいてください。
  • ローカル検索で上位表示されることで、地域のニュースサイトやブロガーからの被リンクをもらえる可能性があります。さらに、地元企業との窓口が開かれ、彼らを助けることで、あなたも助けられるでしょう。両者のビジネスにとってwin-winです。
  • 地域のイベントに参加できるようになります。イベントを通してあなたのビジネスの知名度が上がり、対面での認知度も上がるでしょう。それはオンラインでの認知度も高めます。

Googleマイビジネスには登録したほうがいい?

Googleの権威性と人気を考えると、Googleマイビジネスに登録することは有益です。おまけにとてもシンプル。登録することで、顧客にリーチする可能性がグッと上がります。例えば、もしあなたが中華料理屋のオーナーだとすると、ユーザーが「Chinese food near me(近くの中華料理)」と検索した時にヒットすれば来店してもらえるかもしれません。

また、Googleマイビジネスの他にも、「Bing Places For Business」などもあります。登録するだけで済むので、こちらもおすすめです。

ローカルSEOを最適化するために今すぐできること

ローカルSEOは簡単にできて効果の高い施策です。しかし、きちんと実践している企業はあまり多くありません。

例えば、Googleマイビジネスを放置している飲食店はたくさんありますね。Googleマイビジネスは、自分で登録しなくてもホームページの情報などをもとに作成されます。そのため、営業時間や電話番号が間違っていることもあるんです。Googleマイビジネスのオーナー申請をして、誤った情報が掲載されないように自分で編集しましょう。

また、サイトや記事のタイトルに地域名を入れましょう。サイトタイトルが店名や会社名だけになっているケースも多いですが、「宗像の〇〇」、「赤間駅から徒歩2分の〇〇」というように、地域キーワードを入れるだけで上位表示できることもあります。

どちらも簡単にできることですので、今すぐローカルSEOを最適化しましょう!

Twitterでも海外のSEO情報を発信しています

SEOの本場は、Googleの本社があるアメリカです。そのため、海外ではSEOの最新情報を、日本よりも早く手に入れることができます。

サイト運営者としてはぜひチェックしておきたいところですが、英語で書かれている海外のSEO情報を読むのは大変ですよね……。Google翻訳でだいたい読むことはできますが、肝心なところで日本語訳が間違っていることもあるため、それなりの英語力も必要です。

幸い、私は会社員の頃に海外営業で英語を使っていたこともあり、英語の記事を速く読むことができます。その英語力を活かし、海外のSEO情報を日本語でわかりやすく紹介することで、サイト運営者のお役に立てるのではないかと思いました。

特に有益な情報だけをピックアップしていきますので、ぜひ宗像ウェブの海外SEOニュースをチェックしてくださいね♪

関連記事

また、Twitterでも海外SEO情報をピックアップして紹介しております。ぜひフォローして頂けると嬉しいです。