新型コロナウイルス感染症のパンデミック後、オンラインショッピングの行動に「ニューノーマル」=「新たな標準」がある事が判明しました。

ブライトエッジ社は、直近90日間のインターネット検索行動を分析し、長期間にわたり「ニューノーマル」が始まる時には、インターネット検索行動に大きな変化がある事を発見しました。

以下は、業界全体の検索トレンドの説明です。
どのトレンドが強く、どのトレンドが回復するかの兆候を示しています。

ブライトエッジ社は4種類の経済への影響タイプを特定しました

  • リバウンド
  • 加速
  • 安定化
  • 回復

消費者の支出方法は完全に変化しており、その一部は何年も前から私たちの身近にあるもへと変化していったのです。

ブライトエッジ社によると

「マーケティング担当者は、製品、価格、デジタル戦略、場所/地域を再評価する『ニューノーマル』における従来のマーケティングの実行戦略とデジタルの役割を見直す必要があります。」


分析の1つは、インターネット検索動作がさまざまな製品で大きく変化していることです。
例えば、インターネットで注文した商品を店員が準備して、消費者は駐車場で受け取るサービス「カーブサイドピックアップ」と「テイクアウト」の需要の増加です。
もう1つの例は、ある製品の販売促進から、需要の高い他の製品の販売への転換です。
消費者が製品を購入する方法は、店舗市場からデジタル市場に大きくシフトしています。

現在の消費者の需要

リバウンドする製品

リバウンドする製品というカテゴリーは、パンデミックの影響で需要の減少が見られたものですが、これらは需要がゆっくりと戻ってくる兆候を示しています。

  • 衣服
  • マタニティ用品・ベビー用品
  • 美容関係
  • レストラン
  • データセンター
  • ITネットワーク

需要が加速していく製品

これらは通常、需要が増加傾向にある製品カテゴリーですが、通常の需要よりもさらに200%も大きく加速しています。
その為通常の販売促進に戻し、さらに在庫予測を上方に調整する必要があります。

これらは加速しているカテゴリーです

  • デジタルマーケティング
  • ペットの飼育
  • ガーデニング

需要が安定していく製品

これらは急激に需要が増加し、現在は安定している業界です。

強力で競争力のある業界の例

  • コラボレーション
  • ITセキュリティ
  • ゲーム
  • 食料品

需要が回復していく製品

これらはヒットした産業であり、パンデミック中では変化の瞬間を見てきました。例えば、消費者がコンサートを体験する方法は変化していて、コンサートやショー、ライブパフォーマンスのライブ配信にさらに慣れていくことでしょう。

ブライトエッジ社が、変化する消費モードに対応するためにビジネスモデルを変革し、今日見られる変化に備えていく為に推奨している戦略の一つです。

これらは回復していく業界です。

  • コンサート
  • ホテル
  • ウェルスマネジメント

注目の業界

  • ライブ配信とゲームは週末に増加する傾向があります。
  • ガーデニングは、通常の春の消費を大幅に上回る傾向にあります。
  • スポーツ関連の検索が低下しましたが、ゆっくりと回復し始めています。
  • サイクリング、トレーニング、エアロバイクは非常に高い傾向にありますが、検索はすでに移動手段である自転車に代わっています。
  • コンサートや対面イベントは大幅にダウンしていますが、ライブ配信イベントへの関心が高まっています。
  • 有料の動画配信サービスの中でも、ライブ配信イベントの人気が上昇してきています。
  • ホテルの検索数は減少していますが、徐々に回復し始めています。
  • レストランの検索ボリュームは50%減少しましたが、消費者のテイクアウトとカーブサイドピックアップは上昇してきています。

非接触型配送とテイクアウトの検索トレンドは上昇傾向にあります。

あるレストランの90日間の傾向は、カーブサイドのテイクアウトや非接触型配送よりも高くなっています。

つまり、レストランは地域に合わせて柔軟に対応し、週末の需要のピークに備える必要があります。

日用雑貨の買い物は依然として高水準ですが、ピークはかなり遅れています。

健康用品と衛生用品は急増し続け、複数の製品タイプで多く需要が出ています。

ブライトエッジ社によると

「トイレットペーパーという検索ワードにより、自粛期間の初めに健康用品と衛生用品の検索ボリュームが最も急上昇しました。

ペパーミントオイルとフィッシュオイルは、新型コロナウイルス感染症に対する力があるという口コミが広がり、関心が高まりました。」


ファイナンス

金融関連の検索ワードが急増し、確定拠出年金や退職金、株式、その他の投資関連の検索ワードが急増しています。

B2B・企業間取引についての検索トレンド

B2B・企業間取引関連の検索は、企業側が社員の在宅勤務での作業を安全に完了させるために削除してしまいましたが、通常のビジネス関連の検索ワードはゆっくりとリバウンドしています。

ブライトエッジ社によると

「顧客関係管理と、商品に対する顧客満足度に関連する検索は当初減少しましたが、徐々に関心を取り戻しています。

データセンターとクラウドのトピックへの関心は、企業がパンデミックでの収益・運用への影響の対処に時間を要した為に遅れが生じました。
しかし、組織が長期的にそれらのニーズに目を向けているため、検索ボリュームは再び増加しています。」


新たな標準に焦点を当てる

長年にわたり、私たちのしてきた事はたくさんあります。
多くの企業は、自宅での仕事が長く続くわけではないとしても、今後数年間は企業文化の一部になると宣言しています。これは「ニューノーマル」と呼ばれるものです。

ブライトエッジ社によると、これらは「ニューノーマル」の課題に対応するための重要な質問です。

  • 製品をどのように変更する必要がありますか?
  • 価格はどのように変更されますか?
  • 私たちの昇進と配置戦略は、社会的距離の影響にどのように適応しますか?

新たな標準を予測し、戦略を立てる

オンラインチャネル=インターネット広告への急速な移行は、消費者がインターネットショッピングに慣れるにつれて、これまで以上に長く続く可能性があります。

これらの変化に柔軟に対応することは、現在身の回りで起こっている目まぐるしい変化の瞬間に対処し、予測が可能な将来へ向けて「ニューノーマル」を前進させるための手掛かりとなるでしょう。