Amazonや楽天でグリーンバック背景用の布を探しているけど、どれを選べばいいのかわからないという方はとても多いと思います。

私もまさにその一人で、GoogleやYouTubeでもかなり調べたのですが、最後は結局「試しに買ってみるしかない」という感じでした。

でもかなり調べて選んだおかげか、とても良い布を購入することができたので、記事と動画でぜひご紹介したいと思います。

「これを買えば間違いない」と思えるぐらい良かったので、グリーンバックの布をお探しの方はぜひ参考にしてくださいね♪

関連記事

執筆者:保坂 陽平
保坂 陽平

福岡県宗像市を拠点に、SEO対策コンサルティングやWordPress講座などを行っています。全日本SEO協会認定SEOコンサルタント。上級ウェブ解析士。
プロフィールページへ

Hemmotop 購入レビュー

私が購入したグリーンバック背景布は、こちらの「Hemmotop」という名前の商品。

価格は2,000円、シワになりにくいポリエステル生地ということで、他の商品と比較して一番良さそう。

だったのですが、「Hemmotop」なんて聞いたことのない名前が引っかかる⋯⋯。

ヘンモトップと読むのか、ヘモトップと読むのか、メーカーの名前なのか、商品名なのか、調べても何もわからず、はっきり言って「クッソ怪しい」と思いました(笑)

「薄っぺらい布だったらどうしよう」
「本当にシワになりにくいのかな」
「ちゃんとクロマキー合成できるだろうか」

などなど不安は尽きませんでしたが、Hemmotop以上に良さそうな布がなかったので買うことに決めました。

でも結果は大満足!

動画でもレビューしましたので、ぜひ参考にご覧ください♪

布の素材は厚手のポリエステルがおすすめ

グリーンバックの布の素材は、大きく「綿」と「ポリエステル」の2種類があります。

綿素材の方が安いようですが、シワになりやすいとの口コミが多くありました。

シワがあるとクロマキー合成がきれいにできませんし、毎回アイロンでシワを伸ばすのも大変です。

価格が安いと言っても数百円の違いですので、綿素材よりはポリエステル素材の布を選びましょう。

関連記事

また、私が購入したのは「厚手版」で、「普通版」のグリーンバック背景布もあります。

普通版の方が価格が300円ほど安いのですが、薄い生地だと後ろが透けてしまうとの口コミがありましたので厚手版を選びました。

Hemmotopの厚手版は、本当に厚みがあって高級感があります。

300円の差なら、私と同じ厚手版を選ぶのがおすすめです。

関連記事

布の大きさはどれぐらいが必要?

何を撮影するかによりますが、横の動きがなければ幅180cm×高さ280cmの布で十分です。

Zoom等の背景はもちろん、立った状態で全身を切り抜くこともできます。

歩いたりジャンプしたり、横の動きがある場合は、幅300cm×高さ360cm以上の布がおすすめ。

私は外で動きのある撮影もしたかったので両方購入しましたが、幅300cmは思った以上に大きく、かなりスペースがないと広げられません。

Zoomの背景にしたり、室内でレビュー動画を撮ったりするだけなら、横180cm×高さ280cmのサイズで十分かと思います。

関連記事

Hemmotop、超おすすめです!

以上、Hemmotopのグリーンバック背景布は超おすすめです!

どれを買えばいいのかよくわからないという方は、こちらの動画レビューも参考に検討してみてください。

180×280cm

300×360cm

関連記事
関連記事
関連記事