楽天ペイの申し込み方法(実店舗決済)を画像でわかりやすく解説

先日、お客様から「楽天ペイでも決済できるといいですよね」というお声を頂きました。

私は訪問販売がメインとなるので、キャッシュレス決済はあまり考えてなかったんですが、調べてみると楽天ペイは訪問販売でも申し込み可能とのこと。

さっそく申し込んでみましたので、その手順をキャプチャ画像付きで解説します!

楽天ペイアプリのダウンロードはこちら
↓↓↓
キャッシュレスバナー

楽天ペイ(実店舗決済)の申し込み方法

① まず、楽天ペイの申し込みページを開き、右上の「導入検討中の店舗様へ」→「実店舗での決済」と進みます。

楽天ペイ(実店舗決済)の申し込み方法1

② ページ下部までスクロールし、「申し込む」をクリックします。

楽天ペイ(実店舗決済)の申し込み方法2

③ 指名や電話番号などの基本情報を入力し、「確認」をクリックします。

楽天ペイ(実店舗決済)の申し込み方法3

④ 入力内容に間違いがないか確認し、「送信」をクリックします。

楽天ペイ(実店舗決済)の申し込み方法4

⑤ 「お申し込みフォームへのリンクをお送りしました」というメッセージが表示されます。しかし、私の場合はなぜかメールが届かなかったので、1つ目の「こちら」をクリックして次に進みました。

楽天ペイ(実店舗決済)の申し込み方法5

⑥ 業種によっては、許可証や資格の提出が必要とのこと。私の仕事はSEO対策コンサルティングですが、中小企業診断士のような国家資格はありません。不安に思いながらも、「入力画面に進む」をクリックして次に進みます。

楽天ペイ(実店舗決済)の申し込み方法6

⑦ 申込種別で個人事業主を選択すると、このようなメッセージが表示されます。ここは普通に「理解しました」をクリックして進みます。

楽天ペイ(実店舗決済)の申し込み方法7

⑧ 残りの項目にすべてチェックを入れて、「入力画面へ進む」をクリックします。

楽天ペイ(実店舗決済)の申し込み方法8

⑨ 楽天会員の方はログインします。楽天会員でない方は、会員登録するか、「会員登録せずに申し込みを続ける」をクリックして進みます。

楽天ペイ(実店舗決済)の申し込み方法9

⑩ 氏名や電話番号、住所などの契約者情報を入力し、「次へ」をクリックします。

楽天ペイ(実店舗決済)の申し込み方法10

⑪ 店舗名称を入力し、ホームページを持っていればURLも入力しましょう。

楽天ペイ(実店舗決済)の申し込み方法11

⑫ 店舗住所が自宅と同じ場合は、このようなメッセージが表示されます。「はい」をクリックして次に進みます。

楽天ペイ(実店舗決済)の申し込み方法12

⑬ 私の場合は訪問販売を選択し、お取り扱い商品は「相談費用(カウンセリング)」としました。電子マネー決済の利用場所も訪問先になるため、「いいえ」を選択して次に進みます。

楽天ペイ(実店舗決済)の申し込み方法13

⑭ 金融機関の情報を入力し、「確認画面へ」をクリックします。

楽天ペイ(実店舗決済)の申し込み方法14

⑮ 入力内容を確認し、「内容を確認して申し込む」をクリックします。

楽天ペイ(実店舗決済)の申し込み方法15

⑯ 以上で楽天ペイの申し込みは完了です!

楽天ペイ(実店舗決済)の申し込み方法16

⑰ このようなメールが届きます。審査には約2週間かかるとのことで、結果を待ちます。

楽天ペイ(実店舗決済)の申し込み方法17

楽天ペイの審査結果は?

宗像ウェブのサービスは、SEO対策コンサルティングワードプレス講座アフィリエイト講座などです。

業種としてはコンサルティングが一番近いですが、SEOコンサルタントに国家資格はないため、商材は「相談費用(カウンセリング)」を選択しました。

このような条件で審査に通るかどうかは未知数ですが、審査結果が出ましたら追記いたします。

キャッシュレス決済はお客様にとっても事業者にとってもメリットがあるので、ぜひ導入したいところ。

申し込むのは無料ですので、あなたもぜひ楽天ペイを申し込んでみてください!

→ 楽天ペイのお申し込みはこちら

楽天ペイアプリのダウンロードはこちら
↓↓↓
楽天ペイ