ads.txtファイルとは?設置場所は?Googleアドセンスの問題を修正する方法

Googleアドセンスにサイトを登録すると、「要注意 – 収益に重大な影響が出ないよう、ads.txt ファイルの問題を修正してください」 という警告が表示されますよね。「収益に重大な影響が⋯⋯」と言われるとビクッとしてしまいますが、修正するのはとても簡単です。この記事では、Googleアドセンスでads.txtファイルの警告が出た時の対処方法について解説します。

Googleアドセンスのads.txtの問題を修正する方法

①「ダウンロード」をクリックし、ads.txtファイルをPCにダウンロードします。

Googleアドセンスのads.txtの問題を修正する方法1


②ダウンロードしたads.txtファイルを、FTPソフトでサイトのトップフォルダにアップロードします。「.htaccess」や「index.php」などと同じフォルダです。

Googleアドセンスのads.txtの問題を修正する方法2


③これだけで完了です。早ければ翌日には警告文が消えます。数日かかることもあるので、気長に待ちましょう。

ads.txtファイルとは?収益に重大な影響があるって本当?

そもそも「ads.txt」ってどういうファイルなんでしょうか? Googleアドセンスのヘルプを見ると、次のように説明されています。

ads.txt による認定デジタル販売者(Authorized Digital Sellers)の宣言は IAB によるイニシアチブで、コンテンツ内のデジタル広告枠が、そのコンテンツのパブリッシャー(ウェブサイトならばサイト運営者)が認定した販売者(AdSense など)を通してのみ販売されるようにするものです。サイト運営者様は ads.txt を独自に作成することで、自サイトの広告枠の販売者を厳密に管理し、偽の広告枠が広告主に提供されるのを防ぐことができます。

Ads.txt に関するガイド – AdSense ヘルプ

意味わかりますか? 私は全然わかりませんでした(笑)。

まず、「ads.txt による認定デジタル販売者(Authorized Digital Sellers)の宣言」をクリックすると、英語で次のようなことが書かれています。

Ads.txt specifies a mechanism for publishers to list their authorized digital sellers, in order to fight against fraud and misrepresented domains.

Ads.txtは、詐欺広告や偽ドメイン対策のために、パブリッシャー(サイト運営者)が認定されたデジタル販売者であることを示す仕組みを指定します。

ads.txt – Authorized Digital Sellers – IAB Tech Lab

つまり、Googleアドセンスのads.txtファイルを設置することで、「Googleアドセンスに認定されたサイトですよ」と宣言できるということです。そうすることで、自分のサイトの広告枠がGoogleアドセンス以外の詐欺広告業者に悪用されることを防ぐことができます。

広告枠が悪用されるというのは、Googleアドセンスの広告枠に、悪質な業者が偽の広告を割り込ませてくるようなことです。偽の広告がクリックされてもGoogleアドセンスの収益は発生しないため、「収益に重大な影響が出ないように」と警告しているわけですね。

なんとなくおわかり頂けましたか? 別にわからなくてもサイト運営はできますので、「警告文が消えればOK」ぐらいの気持ちで、Ads.txtファイルの設置だけ済ませておきましょう。